閉じる
話題の判例
話題の判例

 

裁判年月日平成28年9月28日
裁判所大阪高裁
裁判区分判決
事件番号平28(う)27号
事件名保護責任者遺棄致死被告事件
結果破棄差戻(求刑 懲役6年)
文献番号2016WLJPCA09286002
出典ウエストロー・ジャパン
事案の概要 ◇被害者の実母である被告人が、被害者と養子縁組をした被告人の夫と共謀の上、平成26年4月頃、幼年者で先天性ミオパチーにより発育が遅れていた被害者に十分な栄養を与えるとともに、適切な医療措置を受けさせるなどして生存に必要な保護をする責任があったにもかかわらず、その頃までに栄養不良状態に陥っていた同人に対して、同年6月中旬頃までの間、十分な栄養を与えることも適切な医療措置を受けさせるなどのこともせず、被害者を低栄養に基づく衰弱により死亡させた保護責任者遺棄致死事件について、原審が被告人を無罪としたことから、検察官が、控訴するとともに、予備的に重過失致死罪の訴因を追加した事案
【判決全文】
ウエストロー・ジャパン収録月平成29年7月