閉じる
話題の判例
話題の判例

 

裁判年月日平成30年1月18日
裁判所京都地裁
裁判区分判決
事件番号平29(わ)78号・平29(わ)129号
事件名覚せい剤取締法違反被告事件
結果有罪(懲役1年6月(求刑 懲役2年))
文献番号2018WLJPCA01186006
出典ウエストロー・ジャパン
事案の概要 ◇被告人が、フエニルメチルアミノプロパン又はその塩類若干量を自己の身体に摂取して覚せい剤を使用し、また、本件ホテル駐車場において、フエニルメチルアミノプロパン塩酸塩の結晶約2.009グラムを所持したという覚せい剤取締法違反被告事件において、警察官の被告人に対する職務質問行為等の適法性及びそれらの行為によって得られた証拠の証拠能力の有無等が争われた事案
【判決全文】
ウエストロー・ジャパン収録月平成30年5月