判例タイムズ

「主要民事判例解説」のご紹介

実務法曹家が選び、解説した年度別主要判例解説集

前年公表された裁判例の中から、対象法域を民法、商法、民事訴訟法、知的財産法、渉外法、行政法、労働法に絞り、裁判官ら実務法曹家の視点で重要な判例を百数十件厳選し、簡潔かつ的確な解説を付した年度別判例解説集。

読者が、短時間で個々の重要裁判例を正確に理解する手掛かりを得ることを意図したもので、実務家及び研究者必携の書。

おなじみ判例タイムズの臨時増刊号として毎年発刊していた主要民事判例解説を、平成19年度版より装いも新たに別冊判例タイムズとして刊行。

項目は◆判旨、◆参照条文、◆事案の概要と分け、更に解説として◎問題の所在、◎判例・学説の動向、◎本判決の位置づけ、◎参考文献と小項目に分けている。

最新号の概要

【判例収録範囲】
民法・商事法・民事訴訟法・知的財産法・渉外法・行政法・労働法
【掲載判例件数】
最高裁判例61件/高裁判例68件/地裁判例54件/家裁判例4件/計187件
【掲載判例期限】
平成22年12月末までに公刊分
【判例収録範囲・詳細】
[民 法]  民法総則/物権/担保物権/債権総論/契約/事務管理/不当利得/不法行為/親族/相続
[商事法]  商事法一般/会社法
[民事訴訟法] 判決手続/民事執行/民事保全/倒産手続
[知的財産法] 特許/商標/著作権
[渉 外]
[行政法]  租税/地方自治/行政法一般/行政争訟/行政組織/情報公開
[労働法]  個別労働関係/団体労働関係
※平成22年度主要民事判例解説審級別言渡年月日順索引付

 

Close