加除式書籍 (新日本法規出版 提供)

Q&A 破産法の実務

概要

  • 手続の迅速化及び合理化、個人破産の免責手続の整備など、破産手続全体を見直し新しい破産法に対応した最新の実務書です。
  • 具体的な設問を掲げ、Q&Aにより的確な結論を得ることができます。さらに、法律的・実務的な解説を加えると同時に関連する判例や書式を掲載しています。

目次

第 1 章 総 論

第 2 章 破産手続開始の申立て

第 3 章 破産手続開始の決定

第 4 章 破産手続の機関

第 5 章 債権者の取扱い

第 1 節 破産債権
第 2 節 財団債権
第 3 節 租税等債権
第 4 節 労働債権
第 5 節 取戻権
第 6 節 別除権

第 6  章  破産財団の管理と換価

第 7  章  否認権

第 8  章  相殺権

第 9  章  配当・破産手続の終了

第 10 章 外国倒産手続

第 11 章 個人破産

第 12 章 破産法上の犯罪

第 13 章 破産管財人の税務

第 14 章 破産以外の手続との関係

 

▲top