加除式書籍 (新日本法規出版 提供)

Q&A 役員の給与・退職金等の税務

概要

  • 木造建築物の構造設計に係る法規制がよくわかる!!
  • 平成27年6月施行の改正建築基準法(木造建築関連基準の見直しなど)に対応した最新の内容です。
  • 建物の設計を行うときに必要な構造計算から、「たわみ」「接合部」など木造特有の構造性能まで、建築基準法を中心とした法規制と設計に役立つ実務知識をまとめてあります。また、「住宅性能表示制度」など住宅関連の諸制度も取り上げています。
  • 【規定解説】では、法規制の内容やポイントを、条文を掲げたうえでわかりやすく解説し、【実務Q&A】では、設計実務で必要な知識を、図表や計算例を用いて解説しています。
  • 指定性能評価機関で木造建築に携わる実務者をはじめ、この分野に造詣が深い専門家が編集・執筆しています。

目次

第 1 編  建築基準法等に基づく構造設計

第 1 章 共通事項
第 1 構造計算・構造計画
第 2 使用材料
第 3 荷重・外力
第 4 地盤・基礎構造
第 2 章 軸組構造
第 1 主要構造部
1 屋根・梁・床組
2 柱
3 耐力壁・軸組
第 2 継手・仕口・接合部
第 3 章 各種構造
第 1 ツーバイフォー工法
第 2 集成材構造
第 3 丸太組構法
第 4 混構造建築物
第 5 CLTパネル工法
第 4 章 各種性能
第 1 防耐火設計
第 2 耐久性

第 2 編  関連諸制度

第 1 章 住宅性能表示制度
第 2 章 長期優良住宅制度
第 3 章 住宅瑕疵担保責任制度

資 料

 

▲top