閉じる
話題の判例
話題の判例

 

裁判年月日平成31年3月28日
裁判所旭川地裁
裁判区分判決
事件番号平29(わ)61号
事件名覚せい剤取締法違反被告事件
結果有罪(懲役6年及び罰金150万円(求刑 懲役7年及び罰金150万円))
文献番号2019WLJPCA03289001
出典ウエストロー・ジャパン
事案の概要 ◇被告人が、本件駐車場において、営利の目的で、みだりに、覚せい剤である塩酸フェニルメチルアミノプロパンの結晶粉末約61.476グラムを所持したという覚せい剤取締法違反被告事件において、同覚せい剤は被告人の所持に係るものではなく、また、令状主義の精神を没却する重大な違法性が認められる捜査によって直接得られた証拠及びこれと密接な関連性を有する証拠は、証拠能力が認められないなどと主張した事案
【判決全文】
ウエストロー・ジャパン収録月令和元年9月