ウエストロー・ジャパン株式会社
閉じる
話題の判例

便利なオンライン契約
人気オプションを集めたオンライン・ショップ専用商品満載 ECサイトはこちら

話題の判例

 

裁判年月日令和2年7月20日
裁判所大阪地裁
裁判区分決定
事件番号令2(ヨ)10002号
事件名賃金仮払仮処分申立事件
結果一部認容
文献番号2020WLJPCA07208001
出典ウエストロー・ジャパン
事案の概要 ◇タクシー会社である債務者に雇用されている昭和35年生の債権者が、医師により性同一性障害との診断を受けており、生物学的性別は男性であるものの、性別に対する自己意識は女性であるため、ホルモン療法の施行を受けつつ、眉を描き、口紅を塗るなどの化粧を施し、女性的な衣類を着用するなどして、社会生活全般を女性として過ごしており、タクシー乗務員として勤務中も顔に化粧を施していたところ、債務者の責めに帰すべき事由による就労拒否があったと主張して、債務者に対し、民法536条2項に基づき、賃金の仮払を求めた事案
【判決全文】
ウエストロー・ジャパン収録月令和2年10月