ウエストロー・ジャパン株式会社
閉じる
話題の判例

便利なオンライン契約
人気オプションを集めたオンライン・ショップ専用商品満載 ECサイトはこちら

話題の判例

 

裁判年月日令和2年12月1日
裁判所長崎地裁
裁判区分判決
事件番号平31(ワ)3号
事件名損害賠償請求事件
結果請求棄却
文献番号2020WLJPCA12016002
出典ウエストロー・ジャパン
事案の概要 ◇原告が、その申立てによる労働審判手続に係る事件の労働審判委員会は、原告に口外禁止条項を付した内容での調停を試みたが、原告からこれを拒否されたにもかかわらず、労働審判法20条1項及び2項に違反して、口外禁止条項を含む労働審判を行ったことにより、原告の表現の自由(日本国憲法21条)、思想良心の自由(同19条)及び幸福追求権(同13条)を侵害し、原告に精神的損害を生じさせたと主張して、被告国に対し、国家賠償法1条1項に基づく損害賠償請求として、慰謝料140万円及び弁護士費用10万円の合計150万円等の支払を求めた事案
【判決全文】
ウエストロー・ジャパン収録月令和3年2月