ウエストロー・ジャパン株式会社
閉じる
話題の判例

便利なオンライン契約
人気オプションを集めたオンライン・ショップ専用商品満載 ECサイトはこちら

話題の判例

 

裁判年月日令和3年4月30日
裁判所東京地裁
裁判区分判決
事件番号平29(ワ)42453号
事件名損害賠償請求事件(医療過誤)
結果一部認容
文献番号2021WLJPCA04306001
出典ウエストロー・ジャパン
事案の概要 ◇学校法人である被告の運営する医療センターで3回にわたって両眼の白内障手術を受けた原告が、同センターの医師には、手術適応の前提となる説明を怠った過失、術後、原告の眼圧を適切に管理することを怠った過失があり、その結果、後遺障害等級8級に相当する左眼失明の後遺障害を負ったほか、同センターの医師によるカルテの改ざんや虚偽説明によって精神的損害を被ったと主張して、被告に対し、債務不履行又は不法行為(使用者責任)に基づく損害賠償請求として損害金2879万1071円等の支払を求めた事案
【判決全文】
  • Westlaw Japan製品にアクセスします。IP契約のユーザー様はWestlaw Japanにログインしてからクリックしてください。
ウエストロー・ジャパン収録月令和3年6月