ウエストロー・ジャパン株式会社
閉じる
話題の判例

便利なオンライン契約
人気オプションを集めたオンライン・ショップ専用商品満載 ECサイトはこちら

話題の判例

 

裁判年月日令和3年10月1日
裁判所さいたま地裁
裁判区分判決
事件番号平30(行ウ)33号
事件名未払賃金請求事件
結果請求棄却
文献番号2021WLJPCA10016002
出典判例地方自治 484号40頁
労判 1255号5頁
労経速 2468号3頁
労働法律旬報 2001号56頁
ウエストロー・ジャパン
事案の概要 ◇被告県の市立小学校の教員である原告が、平成29年9月から平成20年7月までの本件請求期間に時間外労働を行ったとして、主位的には、労働基準法37条による時間外割増賃金請求権に基づき、予備的には、同請求期間に原告を同法32条の定める労働時間を超えて労働させたことが国家賠償法上違法であると主張して、国家賠償法1条1項、3条1項による損害賠償請求権に基づき、市町村立学校職員給与負担法1条により県内の公立学校教育職員の給与・手当等を負担する被告県に対し、時間が割増賃金又はその相当額の損害金242万2725円の支払を求めるとともに、労働基準法114条に基づき、付加金242万2725円の支払を求めた事案
【判決全文】
  • Westlaw Japan製品にアクセスします。IP契約のユーザー様はWestlaw Japanにログインしてからクリックしてください。
ウエストロー・ジャパン収録月令和3年12月