ウエストロー・ジャパン株式会社
閉じる
話題の判例

便利なオンライン契約
人気オプションを集めたオンライン・ショップ専用商品満載 ECサイトはこちら

話題の判例

 

裁判年月日令和4年2月21日
裁判所岐阜地裁
裁判区分判決
事件番号平28(ワ)758号・平30(ワ)51号
事件名A警察市民監視国家賠償請求事件、個人情報抹消請求事件
結果一部認容(甲事件)、却下(乙事件)
文献番号2022WLJPCA02216004
出典ウエストロー・ジャパン
事案の概要 ◇原告らが、県警察本部警備部及び県警各警察署警備課が、原告らの個人情報を長年にわたって収集、保有し、A警察署警備課の警察官がそれらの情報の一部を民間企業に提供したことにより、原告らの人格権としてのプライバシー等が侵害されたとして、被告県に対し、国家賠償法1条1項に基づき、それぞれ損害賠償金110万円及び遅延損害金の支払を求める(甲事件)とともに、人格権としてのプライバシーに基づき、被告県に対しては県警等が保有する、被告国に対しては警察庁警備局が保有する、原告らの個人情報の抹消を求めた(乙事件)事案
【判決全文】
  • Westlaw Japan製品にアクセスします。IP契約のユーザー様はWestlaw Japanにログインしてからクリックしてください。
ウエストロー・ジャパン収録月令和4年4月