ウエストロー・ジャパン株式会社
閉じる
話題の判例

便利なオンライン契約
人気オプションを集めたオンライン・ショップ専用商品満載 ECサイトはこちら

話題の判例

 

裁判年月日令和4年3月4日
裁判所大阪地裁
裁判区分判決
事件番号令2(ワ)4109号
事件名損害賠償請求事件
結果一部認容
文献番号2022WLJPCA03046001
出典ウエストロー・ジャパン
事案の概要 ◇知的障害及び精神障害を有する亡Bの両親である原告らが、市営住宅に居住していた亡Bがその自治会(被告Y1自治会)の会長であった被告Y3及び班長であった被告Y2から自己に障害があることなどを認める旨の文書の作成を強要され、プライバシー権及び人格権を侵害された結果、自殺するに至ったと主張して、被告Y1自治会に対しては一般社団法人及び一般財団法人に関する法律78条の類推適用又は民法715条(平29法44号改正前)に基づき、被告Y2及び被告Y3に対しては不法行為に基づき、それぞれ、損害賠償金1250万円の連帯支払を求めた事案
【判決全文】
  • Westlaw Japan製品にアクセスします。IP契約のユーザー様はWestlaw Japanにログインしてからクリックしてください。
ウエストロー・ジャパン収録月令和4年4月