イベント・セミナー

長島・大野・常松法律事務所 / ウエストロー・ジャパン共催セミナー

「会社法セミナー 来るべき会社法改正に向けて」

 

【セミナー詳細】

近時の外国人投資家の発言力の向上や企業不祥事によって、我が国のコーポレート・ガバナンスに内外の厳しい目が向けられています。 そのような中、2010年4月から会社法制の見直しについて審議していた法制審議会会社法制部会(部会長=岩原紳作・東京大学教授)が、 2011 年12月7日に「会社法制の見直しに関する中間試案」(以下「中間試案」といいます。)を取りまとめました。会社法制部会はその後も審議を継続していますが、中間試案では、社外取締役の選任の義務付けや多重代表訴訟の制度の創設といった、企業統治の在り方や親子会社に関する規律等を対象とした幅広い事項が採り上げられており、今後の議論によっては、上場企業の経営に大きな影響を与える改正が実現する可能性があります。また、これらの中には、第三者割当てによる募集株式の発行等に係る規律やキャッシュ・アウトのように、 M&Aの実務に影響を及ぼし得る項目も含まれています。

本セミナーでは、長島・大野・常松法律事務所の弁護士3名(いずれも法務省出向経験者)を講師として、来るべき会社法改正に向けて、 企業統治、親子会社法制及びM&A実務の切り口から、議論の背景、論点及び実務上の留意点等について解説いたします。

セミナー後には、懇親の場としてレセプション(参加費無料)を予定しております。長島・大野・常松法律事務所の講師陣との交流の機会、またウエストロー・ジャパンの各製品を実際にご覧いただく場としてぜひご参加ください。セミナーに引き続きレセプションにもご参加ご希望の方は、お申込みフォームのご希望のプログラムから、「セミナー+レセプション」をご選択ください。

» セミナーご案内パンフレット[PDF:239KB]

開催概要
日  時 2012年5月11日(金)
セミナー       13:30〜17:30(開場 13:00)
レセプション 17:30〜
会  場 長島・大野・常松法律事務所 セミナールーム MAP
東京都千代田区紀尾井町3番12号 紀尾井町ビル3階
主  催 長島・大野・常松法律事務所  ウエストロー・ジャパン株式会社
定  員 150名
お申し込み多数につき11日開催のセミナーの募集を終了します。同一内容のセミナーを29日にも開催することとになりましたので、11日開催分にお申し込み出来なかった方は、ぜひ29日開催のセミナーにお申し込み下さい。
参加費 無料
お申し込み方法 定員に達しましたので受付を終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました。
  • 本セミナーは、企業の法務部門のご責任者ならびに実務ご担当者を対象としています。個人のお客様や同業者の方等につきましてはご参加をお断りする場合がありますので、予めご了承ください。
プログラム概要
13:30〜14:30

企業統治の在り方の見直しについて(会社の機関を中心に)
社外取締役の選任の義務付け等の企業統治の在り方を巡る議論は、近時の企業不祥事によって、いよいよその注目度を高めています。そこで、本講演では、企業統治に関する検討項目のうち、特に会社の機関に係る事項について、議論の背景や中間試案の内容等を踏まえつつ、今後の会社法の改正を見据えて、検討していきます。
講師 : 長島・大野・常松法律事務所 黒田 裕 弁護士

14:40〜15:40

親子会社法制に関する改正の行方
今般の会社法改正の議論において、親子会社法制に関する事項、とりわけ多重代表訴訟や子会社との利益相反取引における親会社の責任については、意見の対立が厳しく、いまだ混沌とした状況にあるように見受けられます。
本講演では、これまでの経緯、意見の対立状況、改正の実現が実務に与える影響等について、検討していきます。
講師 : 長島・大野・常松法律事務所 清水 毅 弁護士(パートナー)

(休 憩 15分)
15:55〜16:15

【製品紹介】Westlaw Japanの配信機能と社内統治体制構築サポート
Westlaw Japanが搭載する「法令アラート」は、社内各部署に自動的に法令情報を配信。法令改正時の注意喚起を社内に促します。
また製品内の情報と社内の法律雑誌等を有機的に活用とも組合せ、社内の総合的な法令遵守体制の構築案をご紹介します。
講師 : ウエストロー・ジャパン株式会社 上田 茂斉 コンサルティンググループ マネージャー

16:25 〜 17:25

M&A関連改正項目の具体的検討
中間試案においては、会社法改正に向けて、M&Aに関連する項目についても多数検討されています。
本講演では、文章を読むだけではイメージを掴みにくい改正事項を含めて、問題の背景、改正が実現されるにあたって着目すべき点、改正が行われる場合の留意点等について、検討していきます。
講師 : 長島・大野・常松法律事務所 岩崎 友彦 弁護士(パートナー)

17:25〜 17:30

閉会の挨拶
長島・大野・常松法律事務所 藤縄 憲一 弁護士(マネージング・パートナー)

17:30〜

レセプション

(プログラム構成・内容は変更となる場合があります。予めご了承ください

 

【講師紹介】

長島・大野・常松法律事務所

黒田 裕(くろだ ゆたか)
東京大学法学部卒業。2001年弁護士登録。Northwestern University School of LawにてLL.M.取得。法務省民事局参事官室に勤務(会社法・法人法担当)(2008年〜2010年)。M&A、組織再編を中心に、企業法務全般を取り扱っている。主な論文等として、「決算訂正の法務ポイント」(旬刊経理情報1282号)、「株券電子 化開始後の解釈上の諸問題」(旬刊商事法務1887号)、座談会「合同会社等の実態と課題(上)(下)」(司会。旬刊商事法務1944号・1945号)がある。

清水 毅(しみず つよし)
東京大学法学部卒業。1998年弁護士登録。New York University School of LawにてLL.M.取得。法務省民事局参事官室に勤務(会社法・法人法担当)(2006年〜2008年)。 M&A、組織再編、ジョイントベンチャー、コーポレート・ガバナンスを含む企業法務全般を取り扱っている。主な著書に、「会社法施行5年 理論と実務の現状と課題」(共著、有斐閣)、「アドバンス 新会社法」(共著、商事法務)、「Q&A会社法の実務論点20講」(共著、金融財政事情研究会)、「会社法大系 (第1 巻)」(共著、青林書院)等がある。

岩崎 友彦(いわさき ともひこ)
東京大学法学部卒業。1997年弁護士登録。Harvard Law SchoolにてLL.M.取得。法務省民事局参事官室に勤務(会社法立案作業担当)(2003年〜2005年)。M&A、企業組織 再編を中心として、企業法務全般にわたりリーガルサービスを提供している。主な著書に、「論点体系 会社法 1」(共著、第一法規)、「会社分割ハンドブック」 (共著、商事法務)、「合併ハンドブック」(共著、商事法務)、「公開買付けの理論と実務」(共著、商事法務)等がある。


ウエストロー・ジャパン株式会社

コンサルティンググループ マネージャー 上田 茂斉 (うえだ しげなり)
法律事務所、大手企業、官公庁、大学・法科大学院を対象に〈Westlaw Japan〉および〈Westlaw International〉を中心に据えたリーガルリサーチ関連の講習及びトレーニングセミナーを担当。

 

 

【会場アクセス】

東京都千代田区紀尾井町3番12号 紀尾井町ビル3階 長島・大野・常松法律事務所 セミナールーム
東京メトロ有楽町線「麹町」駅 徒歩3分
東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅 徒歩約7分
東京メトロ南北線「永田町」駅 徒歩約7分
東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」駅 徒歩約10分
東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ッ谷」駅 徒歩約12分
JR線「四ッ谷駅」 徒歩約12分

» イベント・セミナー一覧へ

▲top