閉じる
セミナー
セミナー

 

トムソン・ロイター&ウエストロー・ジャパン 共催セミナー

『コロナ禍を受けたコンプライアンスに求められる3つのポイント
 ~グローバル、デジタル、ESG/SDGsに向き合っていくために~』開催のお知らせ

パネリスト: KPMGコンサルティング株式会社 リスクコンサルティング ディレクター 水戸 貴之

平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
この度、トムソン・ロイター&ウエストロー・ジャパンは共催で、リスク&コンプライアンスに関するウェビナーを開催する運びとなりましたので、ご連絡申し上げます。

拡大・伸長の一途にあったグローバル化、デジタル化、ESG/SDGsの潮流は、コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、その在り様を変えつつ、さらに急加速しています。変動性、不確実性、複雑性、曖昧性を増していく時代に求められるコンプライアンス対応につき、KPMGコンサルティング株式会社より水戸様をお招きし、各企業で共通課題となる贈収賄やデータ漏洩、人権侵害等のリスク並びにコンプライアンスのDX化の切り口から、実例を交えて解説頂きます。

» セミナーご案内パンフレット[PDF:571KB]

開催概要
日 時 2021年3月25日(木)12:00~13:00
開 催 方 法 オンラインにて、ライブウェブキャストセミナー(WEBオンラインセミナー)を開催いたします。会社、ご自宅などWEB環境があればどこからでもアクセスいただけます。
お申込み後、セミナー開始前にセミナー視聴用URLをお知らせいたします。
参 加 方 法 受付を終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました。
参加費 無料

【パネリスト紹介】

KPMGコンサルティング株式会社
リスクコンサルティング ディレクター 水戸 貴之(みと たかゆき)

法曹団体を経てKPMGに参画。グローバルでの法務・コンプライアンス体制/業務の構築・改善支援、海外子会社管理支援等に従事する。法務・コンプライアンスに関する執筆・講演実績多数。近時は、IT・テクノロジーを活用した法務・コンプライアンス業務の効率化・高度化について取組みを強化している。

 

» プレミアム・セミナー一覧へ

セミナー